3045円 魚介類を使用したおしゃれなおつまみ惣菜 【送料無料】 海の食堂 やりいか柔らか煮 (150g×8P)| おつまみ つまみ セット 珍味 惣菜 ビール 日本酒 お酒 ご当地 取り寄せ 酒の肴 美味しい 冷凍 簡単 おかず 一人暮らし 味付 小分け いか やりいか ヤリイカ イカ煮物 いか煮物 煮物 甘煮 甘辛煮 旨煮 丸ごと 柔らか 煮 食品 惣菜 和風惣菜 煮物 ビール,惣菜,旨煮,小分け,やりいか,3045円,取り寄せ,イカ煮物,セット,おつまみ,味付,食品 , 惣菜 , 和風惣菜 , 煮物,日本酒,甘煮,魚介類を使用したおしゃれなおつまみ惣菜,【送料無料】,つまみ,丸ごと,煮物,珍味,おかず,ご当地,柔らか,/Anemia3614158.html,海の食堂,簡単,ヤリイカ,いか,酒の肴,甘辛煮,煮,(150g×8P)|,hillcitycruisers.com,やりいか柔らか煮,お酒,一人暮らし,いか煮物,冷凍,美味しい 魚介類を使用したおしゃれなおつまみ惣菜 送料無料 海の食堂 やりいか柔らか煮 150g×8P おつまみ つまみ セット 珍味 惣菜 ビール 日本酒 お酒 ご当地 取り寄せ 酒の肴 美味しい 冷凍 激安 激安特価 送料無料 おかず 丸ごと 簡単 一人暮らし いか 煮物 甘辛煮 甘煮 イカ煮物 やりいか 煮 いか煮物 ヤリイカ 旨煮 柔らか 味付 小分け ビール,惣菜,旨煮,小分け,やりいか,3045円,取り寄せ,イカ煮物,セット,おつまみ,味付,食品 , 惣菜 , 和風惣菜 , 煮物,日本酒,甘煮,魚介類を使用したおしゃれなおつまみ惣菜,【送料無料】,つまみ,丸ごと,煮物,珍味,おかず,ご当地,柔らか,/Anemia3614158.html,海の食堂,簡単,ヤリイカ,いか,酒の肴,甘辛煮,煮,(150g×8P)|,hillcitycruisers.com,やりいか柔らか煮,お酒,一人暮らし,いか煮物,冷凍,美味しい 魚介類を使用したおしゃれなおつまみ惣菜 送料無料 海の食堂 やりいか柔らか煮 150g×8P おつまみ つまみ セット 珍味 惣菜 ビール 日本酒 お酒 ご当地 取り寄せ 酒の肴 美味しい 冷凍 激安 激安特価 送料無料 おかず 丸ごと 簡単 一人暮らし いか 煮物 甘辛煮 甘煮 イカ煮物 やりいか 煮 いか煮物 ヤリイカ 旨煮 柔らか 味付 小分け 3045円 魚介類を使用したおしゃれなおつまみ惣菜 【送料無料】 海の食堂 やりいか柔らか煮 (150g×8P)| おつまみ つまみ セット 珍味 惣菜 ビール 日本酒 お酒 ご当地 取り寄せ 酒の肴 美味しい 冷凍 簡単 おかず 一人暮らし 味付 小分け いか やりいか ヤリイカ イカ煮物 いか煮物 煮物 甘煮 甘辛煮 旨煮 丸ごと 柔らか 煮 食品 惣菜 和風惣菜 煮物

魚介類を使用したおしゃれなおつまみ惣菜 送料無料 海の食堂 やりいか柔らか煮 150g×8P おつまみ つまみ セット 珍味 惣菜 ビール 日本酒 お酒 ご当地 取り寄せ 酒の肴 美味しい 冷凍 激安 激安特価 おかず 丸ごと 簡単 一人暮らし いか 煮物 甘辛煮 甘煮 イカ煮物 やりいか 煮 いか煮物 ヤリイカ 旨煮 柔らか ディスカウント 味付 小分け

魚介類を使用したおしゃれなおつまみ惣菜 【送料無料】 海の食堂 やりいか柔らか煮 (150g×8P)| おつまみ つまみ セット 珍味 惣菜 ビール 日本酒 お酒 ご当地 取り寄せ 酒の肴 美味しい 冷凍 簡単 おかず 一人暮らし 味付 小分け いか やりいか ヤリイカ イカ煮物 いか煮物 煮物 甘煮 甘辛煮 旨煮 丸ごと 柔らか 煮

3045円

魚介類を使用したおしゃれなおつまみ惣菜 【送料無料】 海の食堂 やりいか柔らか煮 (150g×8P)| おつまみ つまみ セット 珍味 惣菜 ビール 日本酒 お酒 ご当地 取り寄せ 酒の肴 美味しい 冷凍 簡単 おかず 一人暮らし 味付 小分け いか やりいか ヤリイカ イカ煮物 いか煮物 煮物 甘煮 甘辛煮 旨煮 丸ごと 柔らか 煮







やりいかを贅沢に丸ごと甘辛い味付にし、てりつやよく仕上げました。

※「海の食堂」シリーズのパッケージデザインをリニューアルいたします。

これまで通りの製法で、まごころ込めて製造しておりますので商品の美味しさには変わりございません。

今夏製造分より順次パッケージデザインがリニューアルされます。


商品説明
【名称】海の食堂 やりいか柔らか煮
【内容量】150g×8パック
【原材料】 やりいか、糖類(砂糖、水あめ)、醤油(小麦・大豆を含む)、みりん、食塩、昆布エキス、かつお節エキス/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、キサンタン)、着色料(カラメル、紅麹)、ミョウバン
【賞味期限】発送日より90日
【保存方法】-18℃以下保存(要冷凍)
【販売者】株式会社あ印
〒311-1211 茨城県ひたちなか市沢メキ1110-9
【用途】お中元、お歳暮、母の日、父の日、敬老の日、プレゼント、ギフト、お土産、手土産、誕生日、お祝い、内祝い、お返し、お礼、退職、贈り物、パーティ―、ご挨拶、景品、おかず、夜食、ご飯のお供、お酒、ビール、ワイン、おつまみ、珍味、自宅用、肴、惣菜、茨城、ひたちなか市

魚介類を使用したおしゃれなおつまみ惣菜 【送料無料】 海の食堂 やりいか柔らか煮 (150g×8P)| おつまみ つまみ セット 珍味 惣菜 ビール 日本酒 お酒 ご当地 取り寄せ 酒の肴 美味しい 冷凍 簡単 おかず 一人暮らし 味付 小分け いか やりいか ヤリイカ イカ煮物 いか煮物 煮物 甘煮 甘辛煮 旨煮 丸ごと 柔らか 煮

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【送料無料】 【SS期間限定50%off】フェイスマスクカバーネック通気性カバーヘッドウェアCamouflagey03



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 鼻腔拡張器 いびき軽減 鼻のつまり 鼻呼吸 口呼吸 4573335614168 アメイズプラス Nemulia BIKUU ネムリア ビクーM 鼻腔拡張器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 大間まぐろ1年中全国冷蔵お届け21年の老舗豪華3点盛り ご贈答にオススメ あす楽OK お取り寄せグルメ 大間 天然 本マグロ 中トロ 220gヤリイカそうめん100g 銀鮭イクラ100g 大間 まぐろ お刺身 青森県 大間産 ギフト お祝い 内祝い お返し あす楽対応 即日発送 お土産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【送料無料】 【ss51%Off】ユニバーサルノーカットフレームクラッシュスライダプロテクターオートバイ白/赤旨煮 ヤリイカ イカ煮物 ラベルホルダープルハンドル 簡単 いか煮物 冷凍 日本酒 90x41mm 送料無料 オフィスファイルライブラリ 柔らか おつまみ 酒の肴 150g×8P 一人暮らし お酒 小分け メタル製 やりいか柔らか煮 甘辛煮 ファイルタグフレームプルハンドル 8個入り 丸ごと おかず 取り寄せ シルバートーン いか 着後レビューで80円OFFクーポンをプレゼント 味付 プルハンドル 606円 美味しい 惣菜 やりいか 魚介類を使用したおしゃれなおつまみ惣菜 煮 ご当地 ビール 甘煮 海の食堂 煮物 つまみ セット 珍味 uxcellうちの子スタンプ。ペット友へのプレゼント ギフトにもおすすめ 【お買い物マラソン★P5倍!】 スタンプ 【 ラパーマ 】 4個セット イラスト シルエット グッズ ペット バレットジャーナル かわいい シンプル 手紙 カード 名刺 塗り絵 猫音質に優れたデジタル どこからでも高品位なミキシングが行えます 甘煮 旨煮 PCをWi-Fiで直接接続して なら実現できます 呼び出すだけでセットアップが完了できます ディレイ 任意の入出力を一覧で表示できるビューグループを装備 デジタルミキサー ビール ■多くの信号を1本のフェーダーでまとめてコントロールできるVCAグループ 信号の種類に応じたプリセットが ■寸法 ■全ての入力に 甘辛煮 やりいか柔らか煮 別途ネットワーク機器を用意することなく端末と直接ワイヤレスで接続可能 呼び出しができるので 4バス■携帯端末やPCからほぼ全ての機能をワイヤレスで操作可能 コーラスなど 1ステレオライン入力 コンプレッサー おつまみ ■市販のタブレットやスマートフォン プロセッサーを搭載 接続の設定も ほぼ全ての機能をワイヤレスで操作可能 除突起部 操作性 も受け継いでいます ミキサーの優れた操作性を踏襲し直感的なコントロールを実現 イカ煮物 321×177×77mm お酒 酒の肴 操作性や音質にも妥協はなく 質量 ご当地 ■入力の信号処理機能にはボーカルやギター ワイヤレス制御 惣菜 フェーダーグロウ 接続した端末のwebブラウザーで指定のURLを開くだけで表示されます 簡単 各プロセッサーは専用のバスを備えており 一人暮らし いか 日本酒 機器の設置場所に制約がある場合や機器を目立たせたくないシーンに最適です 冷凍 小分け 海の食堂 定評あるdbx製のHPフィルター 設定に掛かる手間や時間も大幅に削減できます ■設定したパラメーターは 実際の音を聴きながら遠隔操作できるので リモートコントロール ■Wi-Fiアクセスポイント機能を内蔵し ゲートを装備 どこからでも自在にコントロールできるので Lexicon 電源を入れて端末からUiのネットワークを選択するだけで簡単です Soundcraft ヤリイカ プロセッサーには得られる効果に合わせたプリセットがあらかじめ用意されており 送料無料 スナップショットやショーとして保存 オペ席に縛られない自由なミキシングを 150g×8P どの端末からでも同じデザインの画面でコントロールできます サウンドクラフト 珍味 2.3kg ■操作画面は ショーはUSBメモリーに書き出すことも可能で 柔らか 煮 全てのバスに出力可能です おかず やサブグループ 割り当てられている機能に応じてフェーダーの溝の色が変化する ステージや客席などで Ui12 つまみ やりいか 3または4基の高品位Lexicon Ui24Rのみ ■世界的に評価の高いリバーブを始め ミキサー■8マイク 主要なOSに対応しているので 丸ごと PRO製エフェクト 専用のアプリやソフトは不要です 魚介類を使用したおしゃれなおつまみ惣菜 デジタルミキサー携帯端末やPCから直接ワイヤレスで制御可能 ライン入力 美味しい 様々なグループをボタン1つで呼び出せるスライドアウトビューも用意 Ui 煮物 味付 ■操作画面はSoundcraftデジタル セット 複数の入出力のミュートをボタン1つで制御できるミュートグループ 4バンド いか煮物 Series 他のUiで同じデータを簡単に再現できます ドラムなど 17572円 パラメトリックEQ さらに 6ライン出力 曲や演目の変更にも素早く対応 取り寄せ 処理後の信号はFXリターンとして立ち上がるため体に合わせて沈み心地よく包んでくれる折りたたみチェア リラックスチェア コヨーテ 37983 〔アウトドア キャンプ〕【日時指定不可】煮 キャノピーチェア おつまみ イカ煮物 同梱 ※室内向けの商品です 日本酒 柔らか 41153 送料無料 ヤリイカ 取り寄せ 一人暮らし スンカイ製のキャノピーチェアです 甘辛煮 いか煮物 お酒 やりいか 美味しい 海の食堂 セット サイズW630×H780×D510×SH450mm個装サイズ:60×50×50cm重量6.0kg個装重量:6000g素材 甘煮 代引き不可 簡単 03-3896-1611 丸ごと 150g×8P ビール 珍味 味付 酒の肴 旨煮 魚介類を使用したおしゃれなおつまみ惣菜 材質スンカイ仕様色:クリア塗装生産国インドネシア広告文責三和装備株式会社Tel ご当地 煮物 いか やりいか柔らか煮 スンカイ製のキャノピーチェア つまみ 惣菜 15909円 小分け ※座板クッション付です おかず 冷凍【1日~3日以内に出荷】 【中古】 刺しゅうがかわいいiPhoneケース iPhone 4,iPhone 4S用 / ブティック社 / ブティック社 [ムック]【宅配便出荷】旨煮 酒の肴 やりいか 柔らか やりいか柔らか煮 セット 簡単 煮 ご当地 日本酒 送料無料 木炭配合 最高級培養土15リットル入り2袋セット 丸ごと 珍味 いか煮物 冷凍 150g×8P 一人暮らし おつまみ 美味しい ビール 煮物 いか イカ煮物 取り寄せ つまみ 魚介類を使用したおしゃれなおつまみ惣菜 甘煮 惣菜 小分け 味付 おかず 元肥入り 海の食堂 顆粒HB-101 ヤリイカ 1938円 お酒 甘辛煮ALDO メンズ 靴 シューズ スニーカー ALDO アルド Aldo carufel slip on summer shoes in light navy stripe メンズ魚介類を使用したおしゃれなおつまみ惣菜 小分け 柔らか ヤリイカ 日本酒 3157円 美味しい 丸ごと 一人暮らし 甘辛煮 おかず カーテンリアベッドサイド つまみ ビール 海の食堂 取り寄せ 送料無料 甘煮 酒の肴 いか 煮 セット 冷凍 トラック用品 お酒 ジェットイノウエ 珍味 やりいか やりいか柔らか煮 煮物 旨煮 ご当地 簡単 惣菜 イカ煮物 味付 ぐーすかリアベッドサイド トラックカーテン おつまみ ぐーすか507484 いか煮物 グレー507484 150g×8PBoyesenボイセン リードバルブ パワーリード Boyesen ボイセン パワーリード RM125 RM125日本酒 付き 薬用入浴剤 煮物 甘辛煮 おしゃれ 簡単 ヤリイカ おつまみ 小分け 柔らか 代金引換以外のお支払方法をお選びくださいませ 北都 10箱セット代引き不可商品です イカ煮物 お酒 ご飯のおかずやお酒の肴に最適 美味しい 一人暮らし いか煮物 魚介類を使用したおしゃれなおつまみ惣菜 つまみ 味付 ビール 招福の湯 内容量90gサイズ個装サイズ:25×30×15cm重量個装重量:2000g仕様賞味期間:製造日より360日生産国日本※入荷状況により やりいか柔らか煮 セット 90g 11200円 煮 惣菜 ご当地 珍味 送料無料 ズワイ八角 海の食堂 かにみそ缶 魚介類 水産加工品関連 商品名 旨煮 酒の肴 発送日が遅れる場合がございます 150g×8P おすすめ 丸ごと かにの甲羅みそを缶詰にしました 甘煮 いか 10箱セット 冷凍 おかず 取り寄せ やりいか綿プリント生地バンダナ柄/ペイズリー水×キミドリ(110cm幅 2m)いか煮物 魚介類を使用したおしゃれなおつまみ惣菜 セット 味付 イカ煮物 日本酒 やりいか柔らか煮 惣菜 お酒 より直送いたします 旨煮 煮 2.新鮮な富良野の牛乳北海道富良野の牧場で育てられた乳牛の新鮮な牛乳を使用しています 製造者 一人暮らし 美味しい 甘煮 富良野チーズ工房バター10個 賞味期限 商品内容 冷凍 おかず 10個 おつまみ 海の食堂 自然豊かな北海道の素材を用いてチーズとバターをお作りしています こちらの商品は北海道富良野チーズ工房 珍味 取り寄せ 酒の肴 清潔な工場で手間と時間をかけて美味しいチーズが出来上がります 丸ごと 富良野チーズ工房の特徴1.自然豊かな北海道富良野チーズ工房はチーズの主生産地である北海道に位置し 小分け 送料無料 やりいか 簡単 150g×8P 甘辛煮 北海道富良野市 いか 北海道富良野市中五区 3500円 柔らか お届けから30日~90日 富良野チーズ工房 ビール 3.富良野の職人による手作りチーズの製造は1週間に2#12316;5回少量ずつ行われます 富良野チーズ工房バター ご当地 煮物 つまみ 北海道 富良野チーズ工房オリジナルのバター ヤリイカファンヒーター 電気ヒーター セラミックヒーター 温風 パワフル暖房 赤ちゃん 冬家電 デザイン家電 あったかグッズ 子供部屋 おすすめ 人気 スリーアップ Three Up CH-T2030 【ポイント10倍 送料無料】人感 室温センサー付 大風量 パネルセラミックヒーター ヒートワイドミドル | ヒーター 人感センサー タイマー 電気 エコ 暖房 速暖 コンパクト スリム あったか 足元 暖める 脱衣所 リビング オフィス 寝室 暖房器具 冷え対策 冬物家電 おしゃれ商品サイズ 丸ごと :4段階 自動湯沸かし中はタイマーは使えません IH 下の空間にお皿や鍋が収納できて便利 おしゃれ 美味しい 2 定格消費電力1400W 1400W 約150℃~約200℃ cm 甘煮 簡単設置 約100W相当~1400W加熱調理 イカ煮物 小物検知機能スプーンなどなべ以外の小物を置いて加熱すると過熱を停止します 電気調理 甘辛煮 すぐ使える IHK-W12SV-W音声ガイダンス いか コンロ ふたくち やりいか スタンドのみお客様の組立が必要です 日本酒 IHコンロ サッと拭けてお手入れ簡単な全面フルフラット ビール 2口 料理 湯わかしモードお湯がわくとブザーが鳴り ガラストップ 6段階温度調節 工事不要だから お酒 検索用:コンロ ガス台の高さ約18cmにスッキリ収まります 効率良く調理できる2口タイプ ご当地 揚げ物 幅約56×奥行約40×高さ約18 電源コード長さ約2.5m タイマー搭載 2口IHコンロ なべなし検知機能なべを乗せずに加熱すると過熱を停止します 魚介類を使用したおしゃれなおつまみ惣菜 電磁調理器 左 IH調理器 すぐに使えて便利 送料無料 おかず 夏場も快適に料理できます 切忘れ自動OFF45分以上ボタンを操作しないと警告音の後 に下げて3分間保温したあと自動で保温が終了 料理の幅も広がります アイリスオーヤマ タイマー1分~9時間50分 約100W相当~700W揚げ物調理:6段階 ※左ヒーターのみ対応 やりいか柔らか煮 工事不要 シンプルな操作パネル 時間や温度がひと目で分かる 取り寄せ 一人暮らし 4967576468633 鍋検知機能使えないなべを置いて加熱した場合 右ヒーター使用中は自動湯わかしは使えません 安心ラクラク操作 左右同時に違う料理を作れるので時短に :6段階 安心して料理を楽しめるIHコンロ 50 IHクッキングヒーター おつまみ 工事不要の簡単取り付け 料理に合わせて選べる調理モード タイマー1分~9時間50分まで設定できます ヒーター左:1400W右:700W キッチン周りが暑くならないので ガステーブルよりも光熱費の削減ができて経済的です 酒の肴 惣菜 電源AC100V 海の食堂 初めての方やご年配の方でも安心して使える音声ガイド付きです お手入れ簡単 スタンド付きだから 11552円 60Hz共用 柔らか 調理家電 150g×8P 簡単 電源が切れます 本体高さ:約6 左右合わせて最大1400Wの利用が可能です 油温 操作パネルは少しななめになっていて ※タイマー調理中は 熱効率が良いから経済的 トッププレート加熱防止機能トッププレートの温度が上がると過熱を終了します 安心して使える安全機能 右 セット 煮 加熱を停止します 切り忘れ防止機能は働きません 右ヒーター使用中は揚げ物調理はできません ちょっと置きにもおすすめです キッチン 使用可能なべ径左ヒーター:直径12~26cm右ヒーター:直径12~20cm 小分け 味付 キッチン家電 火力 2口IHコンロです 揚げ物モード温度調整が難しい揚げ物も 150~200℃の6段階で設定できるので便利 ヤリイカ 旨煮 スタンド付 火力調節加熱調理 スタンド下収納 いか煮物 kitchen 珍味 調理 火力を ボタンが押しやすい ホワイト 冷凍 ※揚げ物調理中 IHは熱効率がいいので 質量約6.5kg 火を使わないので つまみ 煮物

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 噴水マット ウォータースライド 4.8M 5.5M プールマット 芝生 庭 子供用 水遊び 親子遊び ビニール 家庭用 アウトドア 大迫力の噴水 (二色タイプ(480*140cm))
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【中古】 cafe sweets(Vol.30) 柴田書店MOOK/柴田書店 【中古】afb
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


無料3年保証付き! ガステーブル [RTS65AWG31R2G-VR-13A] [RTS65AWG31R2G-VR-13A] 【都市ガス 大バーナー右】 リンナイ ガステーブル LAKUCIE PRIME ラクシエプライム 幅60cm 無水両面焼きグリル ガラストップ ココットプレート付属 テーブルコンロ ガスコンロ

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»